収入保障型とは

がん保険は、生命保険会社それぞれによって特徴が異なることが多いです。独自の特約を付加していたり、サービスを提供している商品がたくさんあります。比較的保険料が安いことから、医療保険などとセット加入する人も珍しくはありません。
がん保険の中に、収入保障型がん保険という商品があります。これは、がんと診断された場合に、保険金を年金のように受け取れるシステムになっている保険です。
毎月一定額の保険金を受け取ることにより、生活費に充てることが可能となります。がんになった場合、仕事ができなくなったり、勤務日数が減ることで収入が減少するケースは多いです。そうなった時に収入の補てんをしてくれるのが、この保険の最大の魅力と言えるのです。
保険会社によっては、年金のように支払うタイプだけでなく、一括受取できる商品も用意しています。人によってはまとまったお金が必要なこともあります。生活費のためではなく、治療費として一度に保険金を受け取りたい人は、そうした保険を選択することも可能です。
年金のように保険金を受け取る場合でも、毎月もらう方法だけでなく、何度かに分割して受け取る方法を選択できる保険もあります。ライフスタイルに合った受け取り方が選べる保険なのです。

Comments are closed.