診断給付金型とは

がん保険には、様々なタイプがあります。通院保障や死亡保障、先進医療保障などがついたものもあります。中でも今回ご紹介したいのが、診断給付金型です。がん入院給付金、がん手術給付金など色々ありますが、まとめて支払われるのがはこのタイプだけです。
このタイプが良いとされるのは、がんという病気の治療の特性にあります。他の病気とは違い、自覚症状のないままに発見されることが多く、急な手術が必要なことが多々あります。また、がん治療自体に、高いお金がかかるというのが特徴です。だからこそ、急に必要となる出費に対応出来る人ばかりではありません。だからこそ、最初にまとまった給付金をもらうことで対処しようというのです。
給付金がもらえるのは、がんと医師に確定診断されてからすぐのものと、入院給付金の支払われる入院を開始した時のものがあります。これは、保険によって違いますので、保障内容を確認することが大切です。
また、当然ながら、全てのがん保険にこのタイプがあるわけではありません。掛金が少なかったりすると、診断給付金は貰えない場合もありますので、気をつける必要があります。
また、一度しか貰えないタイプと、複数回もらえるタイプもあります。保障内容を細かく確認し、きちんとした治療を受けられるように見落とさないことが必要です。

Comments are closed.