支払猶予期間ってなに?

gf1940281800lがん保険には医療保険や生命保険にはない設定があります。それが、90日の猶予期間です。これは何のために設定されているのでしょうか。
がん保険の特性は、当然ながら、病気ががんに特化しているということです。医療保険は怪我や病気にかかった場合に使える保険です。自分が病気にかかるかもということで、入ることは難しいものです。
しかし、がんについては、もしかしたらがんにかかっているかもという人が、保険に駆け込みで加入しようとすることもあるようです。それを防ぐために、この設定があるようです。
契約後に90日の猶予があれば、すぐに保険をもらうことはできません。保険がもらえないなら加入する意味がないと思われがちですが、考えてみれば、加入してすぐにもらうということは、一切掛金を支払っていないということになります。掛け金無しで保険金がもらえてしまうのならば、掛金をきちんと払っている人たちが、損をすることになります。
また、中にはそれを搾取しようとする人がいる可能性も考えられます。様々な状況を考慮しての設定なわけです。また、契約後とは、最初の掛金の支払いが終了してからのことになりますので、余裕を持って、早くからきちんと保険に入っていないと、受け取りは困難です。

Comments are closed.