入院給付金の制限について

医療保険とがん保険の違いは、どのような病気に対して保証がされるかです。医療保険では幅広い病気に対応しており、入院した時の給付金を受け取れます。一方でがん保険では、がんで入院した時にのみ入院給付金がもらえます。
医療保険では保証内容が幅広いため、給付金に制限があることが多いです。入院日数が長くなると、給付金が支払われなくなることもあります。
がんの治療は長期間になることが多いです。がんは再発率が非常に高いので、入退院を繰り返します。退院したととも通院をして検査を続けることも多いです。
再発を繰り返す病気であるがんの治療には、貯金ではまかないきれないことも起こります。病気になってしまうと収入も減少することも多いので、安心して治療を続けるには給付金の制限がないがん保険が良いです。
医療保険に加入していると、給付金が支払われなくなり、がんの治療を続けられないことも起こります。がんの治療のための保険としてはがん保険が優れています。
しかし、がん保険の場合には、がん以外の病気には入院したとしても給付金が支払われません。がんのリスクに備えるためにガン保険に加入するのか、それとも幅広い病気に備えるために医療保険に加入するかは、それぞれの人の状況によって変化します。自分の状況に合った保険を選んでください。

Comments are closed.