保障内容による分類とは

がん保険は、保障内容によっていくつかに分類されます。

まず、診断された後に入院した場合の闘病資金を保障する入院保障型です。
入院一日あたりの給付金が決められており、その期間に応じた額が支払われます。多くの保険会社が販売している商品で、自分の収入に合わせて様々な保険期間・払込期間を選ぶことができます。

次に、治療中に減ってしまう収入を保障する収入保障型です。入院や治療により仕事に行けなくなった場合に減少する収入を給付金により補うことができます。働いて家族を支えている人にとっては安心できる商品といえます。

その他に、がんと診断されたときに給付金が支払われる診断給付金型があります。
入院や治療に先立って多くのお金が必要となる場合や、まとまった額の貯蓄がない人にとって心強い商品です。

また、実際にかかった治療費をを補償する実損補填型もあります。
健康保険の自己負担額を補償するものが多いです。放射線治療などの先端医療では自由診療となる場合が多く、医療費が大きな負担となりますが、このような自由診療にかかるお金も補償してくれるものもあります。

自分のライフスタイルや収入・貯蓄額、希望する保障についてよく考え、納得できる内容の商品を選ぶことが大切です。

Comments are closed.