がん保険と医療保険の違いとは

両者間の違いを理解する上で、家屋の二階建ての考え方を導入すればよく理解できます。その1階部分が医療保険です。この保険は、がんはもちろんのこと、あらゆる病気に対応しています。そして2階部分が、がん保険です。
どんな病気にも対応する保険は、いいかえれば総花的になっております。広く浅くフォローされていますが、病気によってかかる費用が大きくちがいます。
そんな病気の中でも、がんは特に医療費が高くつく疾病です。医療保険の保障だけでは、とても対応できません。
がん治療には、大きく分けて三通りの治療法があります。手術でがん化細胞を物理的に取り除く治療、放射線を使ってがんを破壊する治療、抗がん剤を投与することでの治療があります。さらに、高度先進医療ともなれば、保険がきかない高額な治療もあります。そんな思わぬ出費に対応するために、がん専用の保険が必要になります。
がんは2人に1人かかると、いわれている恐ろしい病気です。一般的な病気に対する保障だけでは少し不安です。がんにならなかったら、何も保障されない保険だから必要ないという人がたまにおられますが、それも一理ある。
ところが、がんは再発や治療が長引くケースが多い。がん医療に手厚く保障してくれる保険にも加入することをお勧めします。

Comments are closed.