がん保険の基礎知識特集

solarpower_3[blue_900-200px
がんは日本人の死因の約3割を占める病気です。平成22年の厚生労働省の発表では年間死亡者数119万4000人の中の35万2000人の死因ががんであるとういうことです。 また平成21年のデータでは約34万4000人のがん死亡者のうち男性は約20万6000人で女性が13万8000人でした。女性より男性の方ががんで亡くなられる方が多いのも特徴です。
他の病気と比べがんの治療費は大きな金額負担になります。 そのためがん専門の保険が必要とされているわけです。 もしもがんになれば仕事や家族にも大きな負担を与えることになります。人生設計としていざという時のために加入の検討は必要です。
がんの治療費は病状や部位によっても異なりますが平均入院日数は約32日で治療費は約300?350万円ほどになります。多くのがん治療は公的医療保険の対象なので治療費の全体の3割が自己負担分となります。計算すると90?100万円程度の負担です。また保険治療に加えて先進医療の治療を受けた場合は保険対象外ですのでその分は全額自己負担となります。これはかなり高額な負担になります。こうゆう負担も含めてがん保険は公的医療保険でまかないきれない部分をフォローするために補助として加入する保険になります。
solarpower_2[yellow_900-200